パワーブレンダー工法とは

概要

パワーブレンダー工法は、 セメント系固化材等の改良材を軟弱土に鉛直方向に強制的に攪拌混合し、連続して安定した改良体の造成を可能とする地盤改良工法です。

位置付け

既存工法との改良深度

クラス別の施工範囲と改良機との位置関係

ベースマシン

工法の原理

バックホウ0.8m3~1.9m3(ツーピースブーム)クラスを改造したベースマシンに、 正・逆対称形状のトレンチャー式撹拌翼を装備し、 トレンチャー先端部の吐出口より改良材スラリーを噴射しながら鉛直方向に原位置土と撹拌混合し、 連続的に水平移動させることにより多層地盤で有っても連続かつ均質な改良体を造成する工法です。

既存工法との改良深度

多層地盤でも連続かつ均質な改良体の造成が可能

既存工法との改良深度

噴射状況

既存工法との改良深度

撹拌翼

特徴

  • 改良深度は概ね13mまでが可能
  • 1.9m3(ツーピースブーム)クラスのベースマシンと改良深度別に望ましいテーブルフロー値を定め、 施工中のトレンチャーの負荷抵抗を低減することによって概ね13mまでの改良深度を可能とした。

  • 高品質で低コストの改良が可能
  • 多層地盤においても鉛直撹拌により、改良体の均質化が図れ、強度のバラツキの少ない高品質な改良が可能。 また、施工効率が高く工期短縮が図れ、改良材の添加量も経済的な設定ができ低コストに施工が可能。

  • 信頼度の高い施工管理が可能
  • 施工管理装置により、改良深度、チェーン速度等を運転席にてリアルタイムにモニタリングでき、信頼度の高い施工管理が可能。

  • 機動性に優れている
  • 改良型バックホウをベースマシンとしており、安全性に優れ、施工エリアが狭い・上空制限があるなどの現場、超軟弱地盤、 傾斜地等にも対応可能。

  • 環境にやさしい地盤改良工法
  • 機動性・機能性を発揮した効率の良い施工により、二酸化炭素の排出量が既存工法の40%以下と環境負荷が少ない。

  • 構造物等の近接施工の適応性がある
  • 鉛直撹拌混合のため、改良材吐出圧が上部に解放されるため、周辺への影響が少なく近接施工の適応性がある。

  • 施工中の騒音・振動が低い
  • パワーブレンダー工法のベースマシンは、低騒音型・低振動型建設機械に指定されたバックホウを改良しているため、 低騒音型バックホウと同程度となる。

適用例

本設利用:盛土や擁壁等種々の構造物及びその基礎地盤の安定、液状化対策等

適用例1

擁壁等の基礎

適用例2

補強土壁の基礎

適用例3

ボックスカルパート・下水管等の基礎

適用例4

盛土のすべり破壊防止

適用例5

盛土の安定対策

適用例6

建築の基礎

適用例7

盛土の土質改良

適用例8

ため池等のヘドロ原位置固化

適用例9

建設発生土(残土)の有効利用

仮設利用:仮設土留め、トラフィカビリティの確保、仮設道路等

特許一覧

名 称 登録暗号
 トレンチャー式地盤改良機械とその施工管理装置及び地盤改良工法   第3432802号 
 地盤改良装置における固化材吐出装置  第3628658号 
 地盤改良装置  第3793734号 
 土質試料採取装置  第3793763号 
 地盤改良工法および地盤改良機械  第3920278号 
 安定処理土の造成方法  第4616932号 

※地盤改良、装置、他         特許・出願 多数

映像紹介

パワーブレンダー工法のご紹介

四街道の一角獣 テレビ大阪”和風総本家”